2005年09月22日

ブログについて考えてみる。

今回の100万ヒットをきっかけにトラックバックを沢山頂きまして。


で、色々見てみたんですよ。

みんな色々かいてるねー(笑)



イロンナ人が居てイロンナ事を書いているな、と。

すごく面白いのもあるし、


面白くなかったり


見てるのがキツいのがあったり


まぁでも、ブログとかSNSとかって、色々と時間の不規則な生活をしている僕にとって、すごくありがたいコミュニティツールだと思う。



ブログの歴史などについては検索エンジンで「ブログとは?」などと入れると沢山出てくるのでそちらに託すこととして。


なかなか連絡を取り合ったりしない友達とかでも、

「あぁ、最近こんななんだな」

とか

「元気そうだな」

とか

「こんな事はじめたんだ」

とか。


リアルな人間関係とちゃんとつながることも出来るのがすごいよね。





しかしなにしろ


飽きっぽい面倒くさがりオクムラマサヨシが


つづくんだからすごい。




技術の進化は、湧き出る発想を簡単に形にしてくれるから、ワクワクするねん。


きっと続く。


-----------

上の書き方が誤解を招いているようなので追記。

あ、楽しくないブログが悪いって言っているのじゃなくて、
「楽しい」「楽しくない」はあくまでも自分の主観であって。

たまたまそれを面白いと思ってくれる人がたまたま多かったり少なかったりなんだろうね。

で、自分もあるわけですよ。
自分が楽しいと思うものと楽しくないと思うもの。

で、見たくないものは見なければ良いことであって。

でも人の単なる悪口を(むしろ暴言。もう意見とかでもないヤツね)匿名(かそれに近い形で)でネットで書いてる人は…どうしたいんだろうね?

俺がみてるとキツいのはそういうブログ。(ブログに限らないけど)

間違えて踏み込んだ人が災難!みたいな(T_T)久しぶりに「あーぁ」とか思っちゃったよ。

まぁ「運」レベルの話になるんだろうけど。

ただネットの中は守ってくれる人が居ないからね。自分で気をつけないと。

某匿名掲示板なんて、二度と見ようなんて思わなかったからね。実際もう二度と見ないけど。非生産的だから(苦笑)


posted by おっくん(RAG FAIR) at 16:24| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。