2006年03月23日

カフェ考、2


ふと考えたんだけど、自分は、

"カフェ"という社交場が好きなんだろうね。

もちろんお茶を飲むのもコーヒーを飲むのも、ご飯も好きだけど、

そこに人が集まってきてコミュニティができるのが、

"コーヒー屋さん"との違いなのかもしれません。

{amazon 4560038937}

ほんとに、こんな世界かも、です。

東京、カフェ発の物語がこれからたくさん出ることを

期待しながら。




posted by おっくん(RAG FAIR) at 19:01| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これから100年続くお店

昨日は都内某所(←しかしこの言い回しもすごいよね)の

カフェで、アニバーサリーパーティーがあったので、

少し顔を出してきました。




…少しのつもりだったんだけど(笑)

どんどんどんどん知り合いが来て、結局朝4時くらいまで

お店にいたなぁ。久しぶりに夜遊び。

しかし習慣とは怖いもので、7時過ぎに目が覚めるんだよね。

今日は朝10時から打ち合わせだったので(この時間のアポってあまり無い)

何重にも目覚ましをかけたんだけど、あまり心配なかったみたい。

ただ、さすがに眠くなってきて昼寝はしたけどね月



昨日はなんだかんだで


朝カフェ(喫茶店?かな。オーナーは年配のご夫婦。モーニング食べた)

昼カフェ(昼ごはん後、次の打ち合わせまで時間があったので読書)

夜カフェ(しばらく顔出してなかったカフェで、友達と軽くごはん)

深夜カフェ(先述のパーティー)


とカフェ4軒ハシゴ。きっとこれは自分新記録だ。



コーヒーが好きなだけなら、いわゆる大手チェーンのカフェに行けば

おいしいコーヒーが安く飲めるんだろうけれども、

馴染みのカフェのスタッフに会いに行く、

自分の居心地の良い指定席にゆっくり座りに行く、

みたいな気持ちもあって、

何も考えず(ここの"何も"はおさいふを指す落ち込み)に

ついつい通ってしまうんだよね。





昨日のパーティ、最後にオーナーが

「代が変わっても、100年続く店っていうのは

どういうお店かな?ということを常に思いながら、

やり続けていきたいと思っているので、

やっと●分の1、終わったのかなぁ、と思って。



まぁこれから、どうなっていくのかわからないけれども、

楽しみながら、仕事をしていければなぁ…と。

おめでとう…店に対して言うのも恥ずかしいけれど、

おめでとう、と、まぁこれからもよろしく!…クラッカー


って言ってたのが、ちょっとステキでした。





そういう想いを持っているお店に出会えたのも、嬉しいこと。

そういう想いを持っている人達に出会えたのも、幸せなこと。


posted by おっくん(RAG FAIR) at 16:23| 嬉しいこと… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。